ペストコントロール

セルフコントロールは、昔懐かしいTMNの曲、

フライトコントロールは、航空管制ゲーム、

マインドコントロールは・・・言わずもがな。


そしてペストコントロール(Pest control)は、「害虫駆除」を意味します。


ペスト?中世ヨーロッパで流行った伝染病と関係が?

ペスト医師

・・・と思ったアナタは、なかなか鋭い。


「ペスト」は元来ネズミの病気で、

ネズミの血を吸ったノミを介してヒトにも伝染するのですが、

それが後に「やっかい者・困った者・害虫・有害生物」という

広い意味でも使われるようになってきたのだとか。


そして、

ペストを媒介するこのノミを発見し「ケオプスネズミノミ」と命名したのは、

(いろんな意味で)有名な、英国ロスチャイルド家の一員である

ナサニエル・チャールズ・ロスチャイルド。

家業である銀行業の傍ら昆虫学者としても活躍し、新種のノミを多く発見したのだそう。

また、一族で初めて日本を訪れた人物でもあります。


そんな世界的大富豪とペストコントロールの意外なつながりに・・・

シャトー・ムートン・ロートシルトのワインで乾杯!

Nathaniel Charles Rothschild

閲覧数:19回